【任意整理の仕方・メリットとおすすめの司法書士・弁護士事務所】

一番傷が浅くて済む債務整理方法

任意整理という借金問題解決方法をわかりやすく解説しているサイトです。

 

その手順、メリット、使える条件、おすすめの弁護士・司法書士事務所などを紹介しています。

 

また、任意整理が無理だった場合の代替手段も紹介しています。

 

任意整理におすすめの法律事務所はコチラ

 

任意整理を弁護士に相談

 

任意整理とは?

借金解決(=債務整理)の方法の中で、一番傷が浅い方法です。

 

「元金だけなら返済できるかも」という比較的軽症の過剰債務なら任意整理がベストです。

 

「多分もっと重症」という人も過払い金を差し引けば、借金は思ったより小さい可能性も。

 

債権者と交渉して、次のような条件での返済を認めてもらいます。

 

任意整理の具体的内容
  • 未払いの利子はあきらめてもらう。
  • 利息制限法の上限利率を超えた支払い済利息は差し引く。(過払い金)
  • 残った元金を一定期間(3年までが多い)に分割払いにしてもらう。

 

上記の条件に加え、一括払いにすることで元金のさらなる減額を認めてもらうこともあります。

 

家族親族が一括返済の資金準備に協力してくれる場合には、この方がさらに有利です。

 

ただ、元金減額の条件を飲んでくれる場合は少ないです。

 

家や車を残せる

任意整理は債権者を平等に扱う必要がありません。

 

ここが個人再生や自己破産(この2つは後で説明します)といった債務整理方法との一つの大きな違いです。

 

平等に扱う必要がないから、ある借金は整理するけど、別の借金は払い続けるということが可能です。

 

つまり、住宅ローンは払い続けるけど、消費者金融には任意整理に応じてもらう方向で交渉できます。

 

任意整理の何が「任意」なのか?

任意整理が何をすることかは理解できたと思いますが、債権者に協力の義務はありません。

 

強制力のない方法なので、断られる場合もあります。

 

応じる場合もあくまで任意です。

 

断る権利もあるのだけれど、任意で、つまりあえて自分の意志で債務整理に協力してくれる。

 

「任意」とは債権者の「任意」なのです。

 

では、元金も利子も要求し続ける権利があるのに、なぜ任意で債務整理に応じるのか?

 

それは「この人はもう利息まで払う能力がない。自殺や自己破産で全部パーになる前に、元金だけでも取り戻した方が得だ。」と判断するからです。

 

任意整理におすすめの法律事務所はコチラ

 

誰に交渉を頼めばいいのか?

任意整理の依頼先は、弁護士と司法書士です。

 

法的には自分で交渉しても構わないが、応じる債権者はいません。

 

借り手が「利子は無理なので元金だけにしてください。」と言ってくるのにホイホイ応じていては、金貸しの商売は成り立ちません。

 

法律家が間に立つからこそ応じるのです。

 

法律家が入ってきた以上、無理な取り立てをすれば違法行為であり、貸金業の許可を取り消され、刑事罰を受ける可能性まであります。

 

返済プランの実現性も法律家がチェックした上での提案なので、ある程度は信用できます。

 

だから「まあ、しょうがないか」と応じるのです。

 

任意整理のメリット・デメリット

 

メリット

1.取り立てが止まる

 

最短では受任当日に止まります。

 

冷静に物事を考えられる環境が取り戻せるだけでも大きいです。

 

2.生活に支障なく返済できる

 

先に述べたように、家や車を残しながら、他の返済を減らすことが可能です。

 

3.人に知られず債務整理できる

 

自己破産や個人再生は官報という政府の日刊紙に名前が載ります。

 

読者は金融業の債権回収担当、闇金、債務整理を扱う弁護士など特殊な職業の人だけです

 

しかし、わずかながら他人に知られる心配はあります。

 

任意整理なら近所や職場はもちろん、家族にも秘密で行えます。

 

デメリット

5年くらい新たな借り入れができなくなる

 

金融業者が共有する信用情報、いわゆるブラックリストに載ります。

 

5年くらいはクレジットカードが作れなくなり、分割払いやローンも組めなくなります。

 

しかし、それはやらかした失敗のみそぎの期間と割り切りましょう。

 

元金を返し切るまでは、カードの買い物や借金はできないようになっている方がかえって好都合でもあるはず。

 

「なんでクレジットカード、持ってないの?」と聞かれたら、「浪費につながるので主義として作ってない」と答えればいいのです。

 

このように、任意整理は非常にメリットの多い債務整理方法なので、一番多く用いられています。

 

まずは過払い金計算を!

何よりもまず、自分の債務の正確な金額を知りましょう。

 

過払い金を差し引けば、思ったよりもずっと少ない可能性もあるのです。

 

過払い金というのは、払いすぎた違法な利息のことです。

 

かつて「グレーゾーン金利」という、違法ではあるが特に罰はない金利範囲が存在した時代がありました。

 

しかし、今では利息制限法を超えて過去に払った利息分は、要求した場合は返してもらえることになっています。

 

これが過払い金です。

 

債務整理の方法は、任意整理を含めていくつかありますが、まず最初に過払い金の計算をします。

 

過払い金を引いて債務がどれだけ残るかによって、使える債務整理方法が変わってくるのです。

 

「自己破産しかない」と思い込んでいたのが、過払い金を引くと任意整理で十分行ける、という場合があります。

 

あるいは過払い金を引くとマイナスになる、つまりとっくに完済していて、さらにお金が戻ってくることすらあります。

 

一歩を踏み出しかねている人も、まずは過払い金の相談をしてみましょう。

 

過払い金の無料相談ができる法律事務所はコチラ

任意整理以外の方法

債務整理の4方法

 

債務整理(借金解決)の法的方法としては、次の4つがあります。

 

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停
  • 自己破産

 

このコーナーでは、任意整理以外の3つの方法を概観してみましょう。

 

個人再生

任意整理の場合、過払い金を差し引いた後の元金を利子をつけずに分割払いします。

 

しかし、個人再生の場合は、一般的に元金を20%に減額します。(厳密には減額の率は債務総額によって変わる)

 

つまり元の1/5の金額だけを分割払いします。

 

大幅に債務が減る一方で、持ち家も残せます。(条件がありますが)

 

こう書くと任意整理よりおいしいですが、現実にはハードルが高いです。

 

  • 安定収入が必要
  • 月々の返済原資が十分取れて、計画に実現性があることが必要
  • 審査が複雑で厳格

 

あと、「精算価値補償原則」というものがあって、返済額は清算価値(破産して財産を処分した時の額)を下回ることが許されません。

 

住宅ローンがたくさん残っていて、財産もないような人なら元の負債の1/5だけ返せばいいので有利です。

 

しかし、住宅ローンがあとわずかとか完済済みの時などは、清算価値が高くなって、負債額があまり減らないことになります。

 

状況によっては、借金が全部消える破産の方がむしろ有利になります。

 

だから、個人再生は家を残せるといっても、事情によりけりなのです。

 

特定調停

自分で簡易裁判所に行って調停委員の指導の下に進める債務整理です。

 

裁判所に通い、煩雑な書類作成も自分でする必要があります。

 

自分でできるので、確かに弁護士費用は節約できます。

 

しかし、調停成立まで3〜4カ月かかり、その間の利子や延滞遅延金は止まりません。

 

プラスマイナスを総合すると費用の面でどれくらいメリットがあるか疑問です。

 

しかも、調停が成立する確率は申立て数に対してわずか3%です。

 

こういうわけで利用者は近年、激減傾向にあります。

 

骨折り損のくたびれ儲けになる可能性が高く、おすすめできません。

 

任意整理におすすめの法律事務所はコチラ

 

自己破産

金利をなくせば元金を3年で返せるなら任意整理。

 

金利なしでも返済不能なら個人再生か自己破産です。

 

個人再生でも返せない程の借金なら自己破産です。

 

自己破産すれば、持ち家・車を含めて今持っている財産のほとんどを持っていかれはしますが、新たなスタートが切れます。

 

自己破産しても、その後の生活のデメリットは一般に思われているほどではありません。

 

住民票や戸籍に記録される、選挙権がなくなる、などはデマです。

 

10年くらいクレジットカードが作れないとか、ローンが組めないことぐらいです。

 

特定の職業(会社役員や警備員など)には、破産申し立てから復権(免責許可と同時)までの2〜3カ月間、職に就けないという問題はあります。

 

官報という政府刊行物に名前が出ますが、そんなものは特殊な職業の人しか読まないので、人に知られることもまずありません。

 

自己破産は残念ではありますが、闇金に手を出したり、自殺したりするよりはるかに良い選択肢です。

 

自己破産から復活した人はいくらでもいます。

 

このように自己破産は実は有利な面も大きいので、安易に借金帳消しを狙って自己破産を望む人もいます。

 

しかし、若く、守りたいマイホームもなく、定収入もあるのに自己破産を申し立てると、「個人再生は検討しなかったのか?」と裁判官に却下されることもあります。

 

自己破産の誤ったネガティブなイメージは正してほしいですが、債権者の権利を踏みにじる行為であることも忘れないようにしましょう。

 

そして、自己破産の手続きにも費用がかかること、ギャンブルで作った借金等は任意整理はOKだが自己破産はできないこと、などは心に留めておいてください。

 

まとめ

任意整理以外の方法も含めて、司法書士や弁護士に相談すれば、あなたに最適の債務整理方法を提案してくれます。

 

素人が悩み疲れた頭でさらに悩んでも埒があきません。

 

まずは無料で相談してみましょう!

 

任意整理におすすめの法律事務所はコチラ

おすすめの司法書士&弁護士

債務整理を得意とする法律事務所を集めました。

 

過払い金の計算もしてもらえます。

 

相談は無料なので、法律事務所だからと身構えず、気軽に連絡してみてください。

弁護士法人サンク総合法律事務所

債務整理の世界で知名度の高い樋口総合法律事務所が、法人化に伴い名称変更したものです。

 

  • 月600件以上の相談実績
  • 365日24時間 相談無料
  • 初期費用0円 分割払い対応

 

上記のように弁護士費用を心配せずに相談できます。

 

東京の弁護士事務所ですが、全国対応してくれます。

 

▼ココをクリック▼

サンク総合法律事務所

 

365日24時間 無料相談

フリーダイアル 0120-023-327

 

所属弁護士

代表弁護士: 樋口卓也 (東京弁護士会 第29906号)

 

学習院大卒で大学院で修士まで取られた先生です。

 

弁護士 淺海菜保子 (東京弁護士会 第44105号)

 

弁護士 今枝利光 (東京弁護士会 第52096号)

 

弁護士 町田麻美 (東京弁護士会 第39903号)

 

サンク総合法律事務所はコチラ

 

そうや法律事務所

若い弁護士2人が共同代表を務める、債務整理メインの弁護士事務所です。

 

2人とも大手弁護士事務所で十分な債務整理の経験を積んだ上で独立しました。

 

若い弁護士はレスポンスが早く、対応が柔軟で、行動にスピードがあります。

 

もっと年齢が上の弁護士は経験においては勝るかもしれませんが、腰が重い人も少なくありません。

 

若々しい全力投球に期待するなら、この弁護士事務所がいいと思います。

 

東京の事務所ですが、全国対応です。

 

▼ココをクリック▼

そうや法律事務所

 

365日24時間 無料相談

フリーダイアル 0120-040-223

 

所属弁護士

代表弁護士:松木勇作 (東京弁護士会 第47841号)

 

代表弁護士:町井敏亨 (東京弁護士会所属第47975号)

 

そうや法律事務所はコチラ

 

街角法律相談所

これは法律事務所のマッチングサイトです。

 

全国の債務整理のプロのから適切な3社を自動的に選び、各社の減額見積もりを表示してくれます。

 

このサイトの最大の長所は匿名でも使えるところです。

 

弁護士に最初から詳しい個人情報を話すのが嫌な人は、まずこのサイトで!

 

また、東京の事務所ではなく、地元の法律家を探したい人にも便利です。

 

事務所を確認し、実際に面談して、信頼した上で依頼したいという人。

 

このサイトでまず候補を見つけ、訪問してから決めたらいいと思います。

 

街角相談所はコチラ

闇金に手を出してしまった人へ

上記の司法書士・弁護士は、闇金に手を出していないことが受件条件です。

 

あなたがすでに闇金から借りているなら、彼らでは助けることができません。

 

彼らに限らず、ほとんどの司法書士・弁護士は闇金NGです。

 

しかし、幸いなことに闇金対策という危険な任務に立ち向かう法律家もいます。

 

あなたにその助けが必要なら、下記のリンクを辿ってください。

 

闇金に対応できる司法書士・弁護士はコチラ